ETCの不正通行・強行突破は犯罪です!

ETCの不正通行は犯罪です

増え続けるETCの不正通行や強行突破

ETCの普及も進み、平成24年7月現在のETCの利用率は87%を超えています。(国土交通省資料より)
今やETCは高速道路の通行になくてはならないものになりました。

ETCを利用することでスムーズな料金の支払いが可能になるのとともに、料金の取り逃しもなくなるはずでした。しかし実態はETCが普及するにつれ、不正通行が激増するという、当初の思惑とは逆の事態を招いています。

ETCの不正通行の件数は、
2002年・・・約10万台・被害額約8000万円
2005年・・・約36万台・被害額約2億6000万円
2006年・・・約96万台
と脅威的な勢いで増えています。

当サイトではETCの不正通行は犯罪行為であることをお伝えするのとともに、ETCの正しい使い方を解説します。

【平成24年1月】
岡山県の中古車販売業の女性が、仕事で仕入れたとみられる複数の車でETCレーンを強行突破したとして逮捕されました。

【平成23年3月】
愛知県で、高速の入口の通行方法を偽るという不正な手口を使ったものが逮捕されました。

【平成22年5月】
埼玉県で高速の入口の情報が記録されていないETCカードを使い、通行区間を偽ったものが逮捕されました。

【平成21年10月】
大阪府の司法書士がETCレーン・開閉バーのすき間をバイクで強行突破し、警察に逮捕されました。男は強行突破を何回も繰り返していたとのこと。


ETCの不正通行とは
    近年高速道路の料金を支払わないなどの不正通行が増加しています。
    特にETCの普及とともに、ETCに関連する不正通行が増えています。
    ETCの不正通行にはどんなものがあるのか・・・>>詳しくは
ETCの不正通行をすると ETCの不正通行は犯罪行為です。
軽い気持ちで行っているのであれば即刻辞めましょう。
不正通行に対する取り締まりは日々厳しくなっています・・・>>詳しくは


ETCの不正通行対策
    各高速道路会社もこの不正通行を黙って見過ごしているわけではありません。
    各道路会社とも、「逃げ得、やり得は絶対に許しません」と、強い姿勢で臨んでいます・・・>>詳しくは
ETCの正しい使い方 不正通行するつもりはなくても、うっかりミスで不正にETCレーンを通過してしまうことがあります。
お出かけの前に、もう一度ETCを確認しましょう。>>詳しくは


ETCセットアップの正しい知識 引越などしたときに、ETCの再セットアップはしていますか?
ETCのセットアップについても正しい知識を身につけてください。 >>詳しくは
ETCバーを突破してしまったら 意に反してETCバーを突破してしまったら・・・。
必ずそのままにしないでください。不正通行と誤解される可能性があります。
そんなときは・・・>>詳しくは


ETCレーンが無いときは 高速道路を通行していると、ETC未対応の料金所や工事などでETCレーンが閉鎖されていることがあります。
そんなときは・・・>>詳しくは
不正通行による逮捕事例
    不正通行による逮捕・検挙が相次いでいます。
    全国の不正通行者の逮捕事例を紹介します・・・>>詳しくは


ETCバー突破やトラブルの経験 ETCを利用していると、自分は悪くなくても何らかのトラブルに巻き込まれることも。
そんなときは慌てずに対処しましょう。
そんな皆さんの経験は・・・>>詳しくは


【参考情報】

ETCカードを作る時は慎重に

ETCカードはクレジットカードの一種です。

作成するときはぜひいろいろとETCカードを比較してください。

今は無料のETCカードも数多く出ていますので、本当にお得なものを作ってくださいね。

ガソリン高騰!エコ運転でガソリン代節約を。効果があるのはガソリンカードを有効に使うことです。

引越しをしたら、車の名義や車庫証明の変更をお忘れなく。

Copyright © 2006 ETCの正しい知識 【ストップETC不正通行】. All rights reserved