ETCバー突破やトラブルの経験

ETCの苦い経験

普通に走行していても、ETCシステムの障害などのトラブルに巻き込まれることもあります。
そんなときは慌てずに、落ち着いて係員の指示に従ってくださいね。
ここでは皆さんが経験した、実際にあったETCバー突破やトラブルの経験を記載しておきますので、参考にしてください。

皆さんのETCにまつわる苦い経験も募集しています。
info■ninkuma.com(■を@に変更してください)

平成19年10月 Kさんの場合

今まで3回から4回くらい開かないで通過してしまったことがあります。そのうちの2回は入り口で止まり係員から連絡来るのを待っていたのと直接係員が来るのを待っていました。『なんで開かないんですか?』と聞いたら『わかりません』って言われました。

とりあえずは今まで通過してしまった物に関しても料金の請求は来ています。ですが毎回通るのが怖いです。速度を落として通るように毎回していますが後ろから来る車は速度を落とさないで来たりするのでいつかは衝突されるのではないかとビクビクしています。もう少し改善されるといいのですが…。こちらのアンテナの位置が悪いわけでもないと思いますし。

平成19年7月 Yさんの場合

出かける前にきちんとETCカードが挿入されているのを確認。
しかしETCゲートでなんとバーが開かずに強行突破!

よく見るとETCカードが出てきているではありませんか!
「やばい、やばい」と思いながら道路会社に確認。

「赤いスポーツカーが突破していますね」
それが私です。

状況をきちんと説明し、料金を支払いました。


平成19年4月 Eさんの場合

みんなで旅行に行く途中のことでした。
高速道路の入口で、なぜかETCレーンが渋滞している模様。
変だと思いつつもそのまま列の後ろに並びました。

しばらくするとETCゲートに上部表示に「使用不可」の文字が点灯。
このときは隣の一般レーンに移ることもできず、そのまま並んで待つことに。
その後パトカーが到着しました。

まもなく前の車がゆっくり動き出し、前に進むとゲートで係員が通行券を配っていました。
何でもこの先の料金所でETCのトラブルがあり、その影響で付近のETCシステムが使用できなくなっているとのこと。

すいている一般レーンを傍目に、悔しい思いをしたドライブになりました。


平成19年2月 Jさんの場合

ETCカードが確実に挿入されているのを確認し、高速道路へと向かいました。
入口では何も問題なくETCゲートを通過。

しかし問題は出口ゲートでした。

というのも途中のサービスエリアで休憩をしたとき、安全のためETCカードを取り外しました。
その後うっかりしてETCカードを挿入するのを忘れていたのです。

そのことに気が付かずそのままETCゲートから出ようとして見事にバーを突破してしまいました。

しかし後続車も多く、バックして戻るわけにもいかず、一旦そのまま流れに沿って出て行きました。
回りの車から白い目で見られているような気がして、なんともバツが悪かったです。

その後高速道路会社に電話し、車のナンバーや連絡先を伝えると、後日調査をして連絡するとのことでした。


平成18年11月 Kさんの場合

みんなで東名高速でドライブに行ったときの事でした。
ETCレーンを通過するため前の車に続き進入しようとすると、いきなり前の車がストップ。

何らかのトラブルだなぁと思い、そのまま待機していると、ゲートに「使用不可」の文字が。
何かETCゲートの通信エラーが発生したとのことです。
その後、係員から通行券をもらっての走行となりました。


平成18年9月 Gさんの場合

入口では問題なくETCゲートを通過できたものの、出口でETCゲートが開かない。
危うくETCゲートを突破しそうでしたが、何とか手前でストップ。(後続車がいたのでかなりヒンシュクでしたが・・・。)
その後、インターホンで連絡しようとしましが、インターホンが遠くて届かないんです。
そうこうしていると、インターホン横のスピーカーからそのまま待つように指示が聞こえてきました。

すぐに係員が来て、ETCカードを調べると、なぜか入口の記録が残っていないとのことです。
どこから乗ったのかや連絡先を伝えると、後日通行記録を確認して連絡するとのことでした。

Copyright © 2006 ETCの正しい知識 【ストップETC不正通行】. All rights reserved