ETCバーを突破してしまったら

ETCバーを突破した場合の対処法

ETC強行突破

ETCの何らかのトラブルで、ETCレーンに「STOP」表示が出ているのにそのまま開閉バーを押しのけて突破してしまった場合、慌てず次の処置をしてください。

入口レーンを突破した場合

ETCの入口レーンを突破してしまった場合、そのままETCレーンを使って出ることはできません。係員のいるレーンへ進入し事情を説明してください。その後は係員の指示に従ってください。

出口レーンを突破した場合

そのままの状態では通行料金は支払われていません。速やかに各高速道路会社へ連絡をしてください。その後高速道路会社で調査をし、後日連絡が入ります。
連絡をしないまま放置しておくと不正通行として取り扱われる場合がありますので、くれぐれもそのままにしないようにしてください。

高速道路会社の連絡先

東日本高速道路

http://www.e-nexco.co.jp/
本社・代表03-3506-0111(代表)

中日本高速道路

http://www.c-nexco.co.jp/
本社・広報室 052-222-1620(代表)

西日本高速道路

http://www.w-nexco.co.jp/
本社・代表06−6344−4000

首都高速道路

http://www.shutoko.jp/index.php
代表03-3580-1881

名古屋高速道路

http://www.nagoya-expressway.or.jp/
お客様センター 052−919−3200

阪神高速道路

http://www.hanshin-exp.co.jp/drivers/index.html
本社・代表06-6252-8121

本四高速

http://www.jb-honshi.co.jp/
本社・代表078(291)1000

Copyright © 2006 ETCの正しい知識 【ストップETC不正通行】. All rights reserved