ETCレーンが無いときの対処方法

ETCレーンが無いときはどうする?

高速道路を通行していると、ETC未対応の料金所や工事などでETCレーンが閉鎖されていることがあります。そんなときの対応方法を解説します。

入口レーンが閉鎖中(未対応)の場合

ETCレーンがない入口

この場合、まず一般ゲートから進入し、通行券を受け取ります。
そして高速道路を出るときも、必ず一般出口から出てください。通行料金の支払いは、係員に通行券とETCカードを渡すことで精算ができます。


出口レーンが閉鎖中(未対応)の場合

ETCレーンがない出口

この場合、入口ではETCの無線通行で入っているため、通行券がありません。
そのため、出口料金所では、ETCカードのみを係員に渡してください。それで支払いが可能です。

ETCレーンへはゆっくりと進入する

前の車との車間距離をあける

ETCレーンの開閉バーは、何らかの不具合で、開かないことがあります。これは自分でいくら注意をしていても機械が故障する場合も考えられます。
ETCレーンへは、万が一開閉バーが開かなくても、いつでも停止できる速度(20km以下)で進入しましょう。

Copyright © 2006 ETCの正しい知識 【ストップETC不正通行】. All rights reserved